こむら返り 温湿布 冷湿布

スポンサーリンク

温湿布?冷湿布?どっちを使えばいい?

温湿布と冷湿布は、その役割をきちんと把握して上手に活用することが、こむら返りの予防と対策に繋がります。

 

冷湿布は急性の痛みや炎症の緩和に効果を発揮しますので、こむら返り起こった直後に適した種類です。メントールを配合していることが多く、患部に貼ると同時にスーッとした感覚が得られます。

 

こむら返りはクセになることもあり、何度も繰り返すと筋肉が断裂して肉離れを起こしますが、この時にもクールダウンという意味で冷湿布を貼った方が良いでしょう。

 

痛みが発生してから3日程度貼り続けて症状が緩和されない場合には、素人判断や対処療法で治すのは難しくなりますので、整形外科の受診をお勧めします。

 

温湿布は血行の改善を目的としたもので、配合成分としてカプサイシンが入っていることが多いです。滞った血液循環や新陳代謝の促進の効果がありますので、足が冷えていたり、運動のし過ぎて筋肉が突っ張ったりした状態の時に使ってください。

 

冷湿布とは全く異なる温かさが心地良く、足湯に入っているようなリラクゼーション効果も感じられます。温湿布は基本的にこむら返りの予防と考えるべき存在となりますので、足がつって痛みを伴う際には絶対に使わないでください。

 

冷湿布と温湿布はドラッグストアでも販売されていますので、この2つを上手に使い分ければ、こむら返り対策ができます。予防には温めることが大事となりますが、痛みが起こってしまった時には冷やすということを覚えておいてください。

スポンサーリンク

関連ページ

サプリメント
こむら返りに対してサプリメントで期待できる効果と選ぶときに確認しておきたい成分について説明しています。
漢方薬
こむら返り治療に使われる漢方薬の種類や効果について説明しています。
針治療
足のつり・こむら返りに対する針治療の効果や注意点などを説明しています。
ホメオパシー
ホメオパシーを用いたこむら返りの治療とレメディについて説明しています。
筋肉痛がある時
こむら返りが治り、足がつらなくなったのに筋肉痛が治らない時の対策や治療について説明しています。
再発や慢性化した時
しょっちゅう足がつる人やこむら返りが慢性化していて、再発しやすい人むけの治療について説明しています。