こむら返り 応急処置

スポンサーリンク

簡単にできるこむら返りの応急処置

こむら返りのように急激な痛みが筋肉に走った場合には、R=安静、I=冷却、C=圧迫、E=拳上を組み合わせたRICE処置という方法を頭に入れて応急処置を進めてみてください。

 

これはスポーツ選手がこむら返りや肉離れなどの筋肉トラブルを起こした時に行うもので、RICEを上手に組み合わせることで、痛みや症状の緩和を良い形で進めることができるのです。

 

ちなみにこむら返り場合、ほとんど出血は起こりませんので、圧迫をする必要はありません。ただ筋肉や神経の誤作動を改善するためにストレッチを行った方が良いとされていますので、ここで例えるC=圧迫はストレッチ、E=拳上はマッサージと捉えてください。

 

こむら返りが起こったら、まず収縮した筋肉を伸ばしてください。膝を真っ直ぐ伸ばして、足首をゆっくり動かすようにします。この動作を繰り返すだけで、突っ張った筋肉が次第に柔軟性を取り戻していきます。

 

パートナーがいれば、足先を持ってもらって動かすのも良いでしょうし、自分1人の場合は、壁やタオルなどを利用してみてください。

 

筋肉の緊張状態が解消して、その後も痛みが残る場合には、患部を冷やしましょう。冷湿布がない場合は、冷えたペットボトルを押し当てるだけでもクールダウンが可能です。

 

ここまでのステップを怠ると、こむら返りによる足の違和感や痛みが翌日以降まで続くケースもありますので、確実かつ早めの対処をお勧めします。

 

症状が改善したら、再発防止のために、ストレッチやマッサージをしてください。ふくらはぎを揉む、動かすというだけでも血液循環が良くなり、筋肉の柔軟性を取り戻すことができますので、毎回の対処ステップとしてRICEを心掛けてください。

スポンサーリンク

関連ページ

睡眠中の時
就寝中にこむら返りが起きて目が覚めた時の対処法やその夜の再発防止法・翌日のケアなどについて説明しています。
寝起きで起き上がれない時
寝起きに足がつって起き上がるのも困難な時の対処法について説明しています。
足の指までつる時
ふくらはぎだけでなく足の指までこむら返りの症状が出たときの対処法について説明しています。
妊婦さんの場合
動くのも大変な妊婦さんがこむら返りになった時の対処法について説明しています。
日々の食べ物
足のつり・こむら返りは日々の食事で発症を予防したりできるのか?対処に役立つ食べ物は何か?を説明しています。
ツボ押し
足がつった時に痛みを抑えたり症状を早く回復させるのに便利なツボについて説明しています。