こむら返り 対処法 ツボ

スポンサーリンク

こむら返り対策に役立つツボは?

こむら返りに効果的なツボは意外に多く、収縮した筋肉の種類によって、押す場所が全く異なる傾向があります。

 

ふくらはぎの筋肉が収縮した場合は、陽陵線、承山のツボを押してみましょう。脚の前面から外側にかけて痙攣を伴う痛みの場合は、陽陵線が最適です。ふくらはぎの筋肉の前方、足の外側、ひざ下5cmぐらいのところにありますので、ぜひ探してみてください。

 

こむら返りが何度も起こる場合は、アキレス腱のから上に辿り、ふくらはぎが最も盛り上がる部分の手前になる承山を押してみてください。承山はむくみや脚の疲れにも効果を発揮しますので、スポーツ疲労やデスクワークの多い人にも適しています。

 

すねの筋肉がこむら返りを起こす際には、足の三里を押してみましょう。足の三里は万能ツボと呼ばれていますので、神経性の疲労や胃腸の不調にも効果を発揮します。このツボは陽陵線の下、くぼんだところにありますので、比較的わかりやすいです。

 

前述の陽陵線、承山、足の三里は、痛みを回復させる効能がありますが、この他に足心を毎日押していると、こむら返りが起こりにくくなります。

 

足心は、足の裏のちょうど中心部にあり、この部分を毎日押していると、体内の血液や水分量が適度なバランスに整っていきます。こむら返りや浮腫みは血液内の電解質代謝異常も原因のひとつとなりますので、脱水症状になりがちな夏には、特に足心を中心にツボ押しを続けた方が良いでしょう。

 

ツボにはこむら返りだけでなく体内の循環などを良くする働きがありますので、食生活や運動との組み合わせによって、健康な体作りに繋がります。

スポンサーリンク

関連ページ

応急処置
足がつった直後の応急処置ややってはいけないことを説明しています。
睡眠中の時
就寝中にこむら返りが起きて目が覚めた時の対処法やその夜の再発防止法・翌日のケアなどについて説明しています。
寝起きで起き上がれない時
寝起きに足がつって起き上がるのも困難な時の対処法について説明しています。
足の指までつる時
ふくらはぎだけでなく足の指までこむら返りの症状が出たときの対処法について説明しています。
妊婦さんの場合
動くのも大変な妊婦さんがこむら返りになった時の対処法について説明しています。
日々の食べ物
足のつり・こむら返りは日々の食事で発症を予防したりできるのか?対処に役立つ食べ物は何か?を説明しています。